マイナンバー キャバクラ

キャバ嬢はマイナンバー対策が必須!!

マイナンバー制度により、キャバクラで働いているキャバクラ嬢の方にも影響があります。マイナンバー制度は、国民の所得や納税状況を管理し、脱税を防ぎ、税収を上げる目的で運用される制度ですので、脱税容疑で逮捕の可能性まであります。

 

これは、決して大げさな話ではいのですが、起こりうる問題は、大きく分けるとこの二つです。

 

税金関連の問題
副業での会社バレや身内バレ

 

 

それぞれ説明していきます。

税金の問題では、脱税で捕まる可能性も!?

 

まず、はじめに、税金関連です。

 

今現在、確定申告をしてきちんと納税をしているキャバ嬢の方は少ないと言われています。しかし、これは実際のところ「申告漏れ」もしくは「脱税」にあたります。脱税は、罪が重く金額が大きいと禁固刑もあります。でも、脱税なんて大げさなと思うかもしれませんが、決して大げさではありません。

 

銀座の高級クラブでなく繁華街のキャバクラの場合、給料から源泉徴収税を引かれて支払われているケースも多いと思われます。この源泉徴収税は、お店が、あなたに支払う給料の中から差し引いて、あなたの代わりに税務署に収めるべき税金です。

 

もしお店がこれを行っていない場合なら、責任は100%お店と思われがちですが、じつは必ずしもそうでもありません。お店が源泉徴収税を支払っていなくてその分のキャバ嬢が後々税務署から支払わされたというケースも事例としてあります。

 

また、マイナンバー制度で源泉徴収税が、今までは引かれなかったとしても今後は引かれるように変わると思われます。

本来、キャバクラ嬢は個人事業主扱いになるので、確定申告をしなければなりません。今後は、必ず確定申告をする必要もありますし、これまで、確定申告をしていないのであれば、遡って、税金の納付を税務署から要求される可能性もあります。そうなると脱税容疑で逮捕の可能性までありえます。

 

 

ちなみに、脱税の罪はかなり重いです。

 

 

数千万円クラスでないと、そこまではないと思いますが、管轄の税務署によって差がありますので、なんとも言えないところです。

 

健康保険にも問題が出る可能性も…

次に、国民健康保険への切り替えですが、今までは、例えば家族の扶養扱いだった場合などは、国民健康保険へ切り替わりますので、保険料も高くなります。

 

 

副業がバレる可能性も…

最後に、副業での会社バレや身内バレです。
これは、バレる可能性があるということですが、きっかけは、やはり税金の所からです。所得金額によって住民税の金額も変わってきますので、副業の場合、その住民税の金額が会社に通知がいきますので、その金額があなたの会社での給料から算出された金額と異なるということが判明すると、確実に副業をしていることはバレます。

二日酔対策してますか? ヘパリーゼは、通販限定の錠剤が効果が高いです。しかも今ならキャンペーン中! ⇒ ヘパリーゼZキャンペーンはこちら

獺祭

バレたとしても、それをわざわざあなたに言ってこないこともありますし、そもそもバレても良いのならば問題ないです。また、現在は副業を認める流れになってきていますので、交渉することも可能と思われます。

 

それよりも問題なのは、家族に内緒でキャバクラ勤務をしている場合です。どうしてバレるのかというと、上記の国民健康保険への切り替えや父親や旦那さんが扶養控除を受けられなくなったり、住民税の金額等の件です。

 

 

何かしらこれまでと異なる行政などからの通知等により、バレる可能性は高いです。ただし、バレるといっても、副業をしていることまでで、勤務先までは分からないと言われていますが、それも楽観的です。
まず、内緒での副業ということで、おおよそ察しがついたり、やましいことがあると思われるリスクは高まります。

 

注目してほしい点は、下記です。

 

 

誰も言わないのですが、マイナンバーは法人、いわゆる「会社」にも全て番号が振られます。そして、会社のマイナンバーについては、原則一般に公開されます。ですので、会社番号11111111から給与が振り込まれているという情報は、親や旦那さんであれば、恐らく分かるようになります。

 

番号が分かれば企業情報は簡単に調べられます。
この辺りは、まだ確定情報ではありませんが、法人に番号が振られて、法人については公開情報ということは、決定されています。

 

また、今後は、ネット上で各個人の税務情報などが閲覧できるようになります。まだ、その仕様は明らかではありませんが、場合によって、勤務先情報も当たり前のようにそこからわかる可能性もでてきます。

 

以上のように、内緒で副業を行うには、リスクは高いですので、あとはバレときのデメリットと併せながら対策を検討することが大事だと思います。

 

 

キャバ嬢の為のマイナンバー相談所もご参考ください。

 


HOME 事業者向け スタッフ向け マイナポータル お問合せ